着圧ソックスで脚痩せを狙う

着圧ソックスで脚痩せ!

着圧ソックスで脚痩せを狙う header image 2

履いたまま寝て、寝ながらケアになるか?

2014年09月19日 · コメント(0) · 未分類

着圧ソックスは履くだけでむくみを抑えられるので、夕方のふくらはぎの辛さを緩和することができます。
履いたまま寝ればもっと足が細くなるかも、と思われるかもしれませんが、就寝時の使用は様々なトラブルの原因になります。
体温調節のため、就寝時には基本的に靴下などは履かない方が良いというのもありますが、就寝時は一定以上の圧のある着圧ソックスを履くと動脈閉塞のリスクが生じます。

 
どうしても眠っている間にケアしたい場合は、就寝時専用の着圧ソックスを使いましょう。
着圧ソックスの着用時間は長くても半日程度に抑える必要があります。

 

木目01
常に着用していると、肌のかゆみや発赤、足の爪の巻き込み、顔がむくむなどの症状が起こりやすくなります。
むくみを抑えるためには、塩分を控える、適度な運動をする、ストレスや疲労の解消など、色々な対処が必要です。
かゆみなどを我慢して使い続けると、炎症を起こしたり、慢性的な乾燥肌になってしまうなど良いことがありません。
着用する際にはサイズの合ったものを、きちんと爪先とかかとの位置を合わせて、ソックスが捻れないようにまっすぐ履きましょう。
ねじれや位置のズレ、サイズが合っていない場合、正しい場所に圧が掛からず、効果が期待できなくなります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。